老後の生活も安心な老人ホーム


老人ホームは、高齢者が暮らしやすいように配慮した住まい、食事や介護の提供、洗濯や掃除など日常生活の家事等、生活するのに必要なサービスが付いた住居を提供するところです。
民間の企業によって運営される有料老人ホームと公的な施設の特別養護老人ホームに分かれます。

有料老人ホームではこれらのサービスを介護が必要ない場合の入居と介護が必要になってから入居する場合に分かれます。



施設にもよりますが、介護が必要ない場合は、トイレやお風呂などが設備されたアパートの様な部屋に住まい、食事は食堂で摂ることが出来ます。

夫婦で入居する場合は2部屋ある場合もあります。



介護が必要な場合は、ベッドを置くスペースが配置され、介護がしやすい部屋に作られています。


入居できる年齢は個人に任され、その費用は施設によりますが、家賃や食費、光熱費も全て含まれて1人当たり平均15~20万円かかります。これに対し特別養護老人ホームは公的な施設のため、介護の段階によって金額は変わりますが、5~15万と比べると費用は安いです。
しかし利用できる人は65歳以上で要介護1~5の認定を受け、寝たきりや比較的重度の方が優先されるので、入居を待っている人が多いです。
早くても数か月、長いと年単位で待つ必要があります。

また部屋は相部屋になることが多く、民間が経営している施設ほどサービスが充実しているわけではありません。

そのため介護がどのように必要なのか、自分たちが子どもの世話にならないで老後を過ごすためなのかなど、何を目的に入居するかということは、はっきりしておく方が良いでしょう。




Copyright (C) 2015 老後の生活も安心な老人ホーム All Rights Reserved.