老人ホームの種類について


高齢者かになってますます老人ホームの役割は大きくなりつつありますが、老人ホームといっても色々な種類がありますから、まずはどのようなタイプのものがあるのかということを知ることが大事になってきます。


老人ホームの種類としては、特養や有料老人ホーム、グループホームやケアハウスなどの種類があります。



まず、特養については、対象となる人としては、常に介護がないと日常生活を送ることが困難な人が入居する施設ということになります。
特養に入居すると、食事や日常生活の介護、健康管理などのサービスを受けることができます。

数あるホームの中でも比較的料金が安いという特徴がありますが、人気もありますから、入居待ちの状態が続いている状態です。

次に、有料のホームがあります。

この有料のホームの場合は特養よりも費用はかかってきてしまいますが、費用さえあれば入居待ちをしなくてもすぐに入居しやすいです。



また、全てのお部屋が個室になっていたり、中には高級なホテルのような施設もありますから、生活環境としてはかなりレベルの高いものであることが多いという特徴があります。



グループホームに関しては、主に認知症がある高齢者の方が共同で生活上必要な介護を受けることができる施設となっています。

高齢者の中には認知症を発症するケースも増えてきていますから、今後も必要とされる施設であるといえます。ケアハウスについては、比較的軽度の介護サービスがあれば、日常生活を送ることができる人が対象となっています。

しかし、介護がより必要になってきた場合は、退去を余儀なくされることがあります。


Copyright (C) 2015 老人ホームの種類について All Rights Reserved.