有料老人ホームの種類と違いについて


いずれは訪れる老後について不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。
私達自身の老後だけではなく親族の老後についても考えて行かなければならない時がやってきます。



その時に備える為にもある程度の知識は必要です。その中でも老後を過ごす場所はとても重要な問題です。

老後を過ごす場所の候補の1つに老人ホームがあります。老人ホームといっても近年では様々な種類がありますが、私達が耳にする事が多い有料老人ホームについてみていきましょう。有料老人ホームは主に民間の業者によって経営されています。
有料老人ホームには介護付き、住宅型、健康型の3種類のタイプがあります。
入居の条件は施設によって違いはありますが、入居者の部屋は個室となっており、公的な老人ホームよりも入居の費用は多少必要です。

ここからはそれぞれの特徴について説明します。

介護付きは入居者が健康で介護を必要としていない方から施設によって違いはありますが、認知症の方まで入居可能となっています。


介護付きは食事やお部屋の清掃等のサービスを受けることができますが、施設内にスタッフが常駐して介護をする施設と介護を外部の業者に委託して施設に分かれています。



病気や怪我に備えて病院と提携している施設が多くなっています。



入居には初期費用や毎月約10~30万円程度費用が必要となり、業者による審査があります。


住宅型は介護が軽度の方を主に受け入れている施設です。

入居時に初期費用や毎月の利用料が必要となります。介護付きより費用が低く抑えられています。

健康型は主に健康な方や簡単なお世話が必要な方を受け入れており、要介護度が上がると退去となります。やはり初期費用や毎月の利用料が必要で、費用も高く設定されています。いずれの場合も施設によって詳細な条件に違いはありますので、確認した上で利用するようにしましょう。


Copyright (C) 2015 有料老人ホームの種類と違いについて All Rights Reserved.